アルメニアーガルニ神殿、ゲガルド修道院

ガルニ神殿    “太陽神殿”

garni紀元1世紀にアルメニア王ミトリダテス1世により建てられた太陽神ミトラを祀った神殿で、アザト川上流の見晴らしの良い丘の上にあります。紀元301年アルメニアが世界で初めてキリスト教を国教としたとき国中の全ての神殿が潰されましたが、このガルニ神殿だけは涼しくて美しい場所にあったため、壊されずアルメニア王の夏の離宮として使われることになりました。現在アルメニアに残っている唯一のヘレニズム建築です。現在見られる神殿は、17世紀の地震で倒壊したのち、1970年代に再建されたものです。

5月から10月までの月曜日を除く毎晩、ライトアップも楽しむことができます。

また、毎年3月21日には旧正月祭りが行われます。神殿がたってあるアザット谷が自然世界遺産に登録されてあります。是非お越し下さい!

世界遺産!ゲガルド洞窟修道院(アイリヴァンク)

4世紀にたった一つの岩をくり抜いて作られた修道院で、アイリヴァンク(Airiは洞窟、Vankは修道院の意味)すなわち洞窟修道院とも呼ばれています。
yari220

修道院の名称である「ゲガルド」は槍を意味し、キリストが十字架に磔になった時キリストの脇腹を刺したと伝えられる槍がここで発見されたことにちなんでいます。(現在この槍はエチミアジン大聖堂の宝物館に所蔵されています。)教会内には「聖水」と呼ばれる水が流れ、それを飲むと病気が治り、顔に塗ると綺麗になるといわれており、アルメニア人たちの美女の秘訣です。教会の2階は声が世界で一番きれいに通る場所と言われ、この特別の空間で聖歌やアカペラを楽しむことができます。
ゲガルド洞窟修道院はアザト渓谷上流域とともに2000年に世界遺産として登録されています。

© Copyright 2016 by Asya-Ararat Travel